救急ER看護師ナナオの日々の事件や役立つ情報とかとか

救急ER看護師のナナオの日常で起こる事件や、役立つなぁと感じた情報を赤裸々にブログにしてます。激しくも悲しきユーモアある毎日を過ごしていきたいと切に願う今日この頃です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

浪漫旅8~アメリカンゴレンジャーとクッキング編~

どうも。救急ER看護師のナナオです。

今日は浪漫旅の続き。

↓↓前回のお話はこちらから↓↓

nanao1230.hatenablog.com

 

ナナオ、ついにフランスの第二の都市・ニースへ降り立つ!

そこで待ち受けていた事件とは…どうぞ。

 

すげー!

ニースに降り立ち海に出向いた瞬間に…電車賃騙し取られた私のうんざり気分は、一瞬にして消え去った。

すげー!

私は透明の青緑な海に感動した。

すげー!

見渡す限りの海岸線…

f:id:nanao1230:20190911174827j:plain

私はその景色に感動を覚え、

キャメラの望遠レンズから、ずっと景色を覗き込んでいた。

気づくと、既に夕方近くになっているではないか!

いかん!

ニースの美しさに見とれすぎていた…。

私は急いでニースのユースホステルへ向かうことに。

バスでゆらゆらニースの街が一望できる丘の上まで登り、いざお目当てのユースホステルへ。

「やぁ。泊まりたいんだけど。」

「おお。よく来たね。どうぞ。」

と、ここの宿は空き部屋もあったし、すごく感じの良い気さくなおばあちゃんで、最高な予感がしていた。

ひとまず荷物を部屋に置き、ユースホステル館内を回ることに。

ん?

なんだか、めっちゃ広い調理室(小学校の家庭科室みたいな部屋)がある。しかも誰もいない。

よし、いっちょここで料理でもするか!

ってなもんで、スーパーで食材を買い込み、コーヒーをすすりながら1人でニースの美味しい空気と雰囲気に酔いどれながら、ルンルン気分で調理を始めた。

と、

ガヤガヤ。ガヤガヤ。

なんだか騒がしいなぁ…と思ったら

5人組のアメリカ人(男3人:女2人)が調理室に入ってきて、カレーを作り始めた。

彼らは見るからにゴレンジャーだった。

くそ!せっかくこの広い調理室で1人でダンディーにコーヒーブレイクを決め込んでいる時に、和気あいあいと割り込んできやがって!

と、私が1人でふてくされていたら…

そのアメリカンゴレンジャーの内の1人が、

「ΘЮ$£☆ЯΨё◎Ш」

と話しかけてきた。

が、英語がわかんない私はなんのこっちゃさっぱり…

でもきっと、

「1人かい?よかったら一緒にカレー作らないかい?」

的なことを言ってきてる。

気づけば私はゴレンジャー達と一緒にカレーを作っていた♪

言葉は全く通じなかったが

ノリと勢いでどうにかなるもんなんだね。

 

ハイ!カレーのできあがり!

うん、うまい!

その時に食べたカレーは絶品だった。

味とかじゃなくて、なんかこう、ヨーロピアンコンピレーション的な美味さだった。

モグモグ。

ムシャムシャ。

美味しくカレーを頂く…

が、赤ポロシャツ(通称:レッド)が

「にんじゃ!さむらい!すし!」

と、さっきからやたらジャポネーゼの私に突っかかってくる。

その度に私は侍の真似事や忍者の真似事や寿司の真似事をやってあげた。

カレー食ってる間に多分30万回はレッドがその言葉を発したおかげで、私の体は明日筋肉痛の刑だ。

まぁいい。

とにかく旅を通じて距離を縮めた仲間は最高だ。

意味はわかんないけど最高だ。

カレーもひとしきり食べ終わり、

皿洗いをしてる途中…

ゴレンジャーでいうところのブルー的存在の男が、

「ニースの街を徘徊しようぜ!」

 

と、誘ってきたので、

私は

「オーケー、イッツグー!」

とテンションと勢い任せに答えてしまったばかりに、ゴレンジャー達とニース徘徊ツアーをご一緒するハメになった。

この時、すでに時計は夜の8時を回っていた。

ユースホステルの門限は夜の10時。

うん、嫌な予感しかしない。

…なんて微塵も感じず、私たちはバスに乗り込み、いざニースの街へ!

そこでまた新たな事件に遭遇すのだが…

それはまた別のお話。

 

次回、私+ゴレンジャーでニースの街に繰り出すのだが、そこで立ちはだかる不可解な事件…結末や如何に!?乞うご期待!

 

 

To Be Continued・・・